国内には温泉地が豊富にある

お風呂に入る際、シャワーのみの人やシャワーをメインにしている人、湯に浸かるのがメインの人など好みは様々です。湯に浸かることに抵抗がなかったり、好きだったりする場合は国内旅行の時に温泉地を訪れましょう。国内には温泉地が豊富にあるので、多くの場所を候補地にすることができます。ただ、仕事や勉強、家事などで忙しく、遠出が難しい場合は近場の温泉地から訪れるようにしましょう。日帰りが可能な距離の温泉地なら、1日だけの休みだったとしても体験できます。また、遠距離の移動が必要な温泉地については、無理に日帰りで決行するよりは、最低でも2日以上の休みを取得できる時の方が、バタバタせずにゆっくりと温泉を堪能できるでしょう。

 

異なる泉質の湯を味わいましょう

国内旅行で温泉地を訪れる場合は、異なる泉質の湯を味わうことをおすすめします。泉質によって色やにおいに違いがあるので、1種類だけよりも複数の湯を体験する方が楽しめるでしょう。国内はもちろん、海外でも知られている温泉地は規模が大きく、泉質が豊富な特徴があります。そのため、知名度が高くて評判の良い温泉地を選べば、短時間の国内旅行でも色々な湯を体験できますし、時間を取れるなら1つ1つの湯をじっくりと味わえるでしょう。泉質の種類や詳しい情報は、温泉地のホテルや旅館のホーページに掲載されている場合があるので、事前にチェックすることをおすすめします。また、ホテルや旅館だけではなく、銭湯も候補に入れると楽しみ方の幅を広げられます。